高速バスのトイレ対策はどうすればいい?

長距離移動の最安値と聞いて真っ先にバスを思い浮かべる人は結構多いと思います。

調べたところ東京と大阪の移動で片道2000円ほどという衝撃の料金設定をしているところもあるようです。

また夜の運行では特に睡眠に充てるのにぴったりな移動時間のものが多いのでかえって時間を有効に使えると考えているビジネスマンもおられるとのこと。

新幹線や飛行機と比べるとかかる時間は何倍にもなる場合がありますが料金の安さはそれを十分にカバーすると思います。

メリットデメリットを合わせて検討したいですね。

情報をまとめたサイトを見ても入り口付近を乗降場所としたディズニーランド行きの高速バスが山ほどあります。

日本中にファンがいる国内屈指のテーマパークなわけですから日々日本各地からバスが集まるのも不自然ではないのでしょう。

現地着の路線なら何もなければ開園まで余裕のある時間に着くので時間を有効に使えますし降りてからの移動もほぼありません。

そのうえ移動にかかるお金を節約できれば園内で食事を楽しんだりお土産を買ったりする余裕ができますし、今までより一回余分に行けるようになるかもしれません。

たくさんの人に選ばれているだけの理由があるということですね。

ニュースで大型車の事故を見かけることがあります。

毎回大きく取り上げられることが多いので強く印象に残って気になっているという人がほとんどではないかと思います。

その名の通り高速道路を走っている車は一般道と比べてもスピードを出して走っています。

車が大きくなればその分運転技術も必要になってきますしスピードにのったときのパワーは比例して大きくなります。

実際の事故率では突出しているほどではないとのことですが人間の技術に頼って動かす乗り物であることも一因となって事故となると重大な事態に陥りかねないとも言えるかもしれません。

長距離移動の際の有り余る時間をどう有効活用するかは高速バスの利用者にとって頭を悩ませるところでしょう。

寝ている間に着くという意見もあるかと思いますが仕事や趣味のために有効活用したいと考える人もおられるでしょう。

チェックしてみますと会社によって無線LANが搭載された車両が選べたりするようです。

仕事やゲームでインターネットを利用したい人にとってはかなり便利ですし、モバイル時代のサービスがついにここまできたかという感じです。

当然ですがパソコンやゲーム機を使うときには光や音に配慮して楽しみましょうね。

交通手段は様々ありますがその中でも高速バスはとにかく安いというメリットがよく知られています。

では一方でデメリットはどんなことが考えられるでしょうか。

なんといっても安全面の不安というのはあるかと思います。

バスは乗務員の運転技術や体調に任されている部分も大きいですし会社全体でサポートする体制ができているかも選ぶ際に重要な部分となります。

それから到着時刻が前後することはよくあるので調整できるよう予定を立てておきましょう。

さらに長時間体勢を変えにくい状況なのでゆったりした服装にするなどしてできるだけ負担を減らしましょう。

はじめての高速バスの準備にてんてこまいという人は特に車酔いや乾燥、むくみなどの対策を考えておくと良いでしょう。

飴はのどの乾燥だけでなく酸味のあるものなら車酔いにも効果的なのでおすすめです。

またバスに乗る場所も降りる場所も確認が必要です。

わかったつもりで間違っているのが一番怖いので地図をプリントアウトするなどし集合時間や発車時間には確実に着けるよう行動しましょう。

夜間の移動なら寝るということも考えて体をしめつけない服装にし歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

また貴重品はすぐ手の届くところに置いておくことをおすすめします。

ただでさえ乗車料金が安い高速バスですがさらに安くなるような往復料金というのはあるのでしょうか。

調べましたところ行きと帰りで同一区間である場合には割引されるということもありそうです。

その場合行きのバスに乗る前に行き帰り両方の乗車券を買っておかなくてはならないとのこと。

中には割引をしていない路線もあるとのことなので事前にサイトなどで確認しておくことをおすすめします。

そうは言ってももとから格安料金ではあるので期待しすぎない方が良いかもしれませんね。

移動に高速バスを利用するメリットについて考えてみました。

第一に最大の利点として考えられるのは移動手段の中でも群を抜いた安さでしょう。

もちろん安全面も考えますと安ければ良いとも言い難いところがありますので乗務員の勤務体制や健康チェックなど安全対策については調べておきたいですが、移動に安さを求めるという人には最重要ポイントのひとつとなる部分です。

他にも上手に使えば時間も有効活用できるという点も。

移動を夜間にすれば寝ている間に目的地に着けるので次の日の朝から無駄なく動くことができます。

これは旅行でも仕事でも嬉しい点ですよね。

旅行での移動に高速バスを利用するメリットとして、まずは夜行での移動だとすると例えば週末の仕事終わりに乗車し移動時間に睡眠をとって到着後は早くから観光するという風に無駄のないスケジュールで動きやすいことが挙げられます。

参照:高速バスのトイレ対策は?安心して利用できる!【トイレついていない?】

極端な話をしてしまえば車中泊2泊で間の一日をまるまる観光に使うということも可能なのです。

そしてなんといっても料金の安さはほかの交通手段と比べても大きいです。

実際の移動距離からすれば格安の料金設定にびっくりするのではないでしょうか。

体力勝負かもしれませんがお手軽な旅ができそうです。

電車や路線バスには大体お得な回数券がありこれは1回分余計に乗れたりしてお得なのですが元の価格設定がかなり安い高速バスにもあるのでしょうか。

調べた結果路線が限定されていたりもするようですがありました。

仕事や帰省などよく使う路線で販売されているなら手に入れないのはもったいないと思います。

ただ購入日からの有効期限もあったりしますし6枚など多めのつづりで販売されていたりするので使いきれるかどうかは判断しなくてはなりません。

使いきるのが無理そうなら払い戻せる場合もあります。

楽しい旅行を年に数回したいがために毎日仕事や勉強を頑張っているという人もおられるでしょう。

そうなると時間やお金は有意義に使いたいですよね。

お得に観光するために取り入れる方法として交通手段を長距離バスにしてみるというのはいかがでしょうか。

一番のメリットは料金面ですがもちろんそれだけではありません。

SAでの休憩中に楽しい出会いがあるかもしれませんし、移動が夜間なら平日の仕事終わりにバスに乗りこみ翌日の朝ご飯から旅先を味わう!なんてことも可能なのです。

思い切り時間を使ってめいっぱい楽しみましょう。

乗り物に酔いやすい人にとって旅の移動は一種のプレッシャーになる場合があります。

せっかくの旅行も不安なことがあったら思い切り楽しめないかもしれません。

特にほかの乗客もたくさん乗っている長距離バスでの移動は気分が悪いからといって気軽に降りたり停まったりすることはできません。

思い切り楽しめるよう車酔いしないためのコツを調べてみました。

まず乗る前の準備として食事をするならあっさり系のものを腹8分目程度に、乗り物酔いの薬も効果的です。

特にお腹まわりをしめつけない服装を選ぶのが吉です。

炭酸水は胃がすっきりするのでおすすめです。

景色を見る場合はできるだけ遠くを眺めましょう。

とにかく時間がかかるのが長距離バスの特徴のひとつ。

それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。

まず社内で何をして良いかわからない人はモニター付きのものを選んでみては?本や漫画を読むと酔ってしまうという人でも座席の前にあるモニターでの映画やゲームなら楽しみやすいかもしれません。

そして体勢的に体に負担がかかると感じる人は腰や首に余った毛布などをあてたり、あるいはフルフラット状に座席を倒せるような種類を選んだりするのがおすすめです。

トイレ休憩の際にちょっとしたストレッチをすると体が楽になりますよ。

高速バスを利用してみたいけどどうすればいいのかわからない...。

という人向けに主な予約の仕方をご紹介します。

使える状況ならネットが一番便利でしょう。

リアルタイムで席の確認や指定ができたりしますし実際乗るのはどんなバスなのかなども画像で確認することができて便利です。

それから電話でお願いすることもできます。

対人なので聞きたいことがあれば聞けるのが強みですね。

一部窓口などで乗車券を手に入れられたり近所のコンビニにある端末で買えたりするところも。

いろいろ選べるのはありがたいですよね。

予想外の出来事などで予定が急にずれ込んでしまった場合など高速バスに乗りたいと当日に言い出しても乗れるものなのでしょうか。

調べてみますとバスに席があればその日の予約も受け入れてくれるというところも。

夜行などは本数も多く空いている可能性が高いらしいのでまとめ情報などをあげてくれているサイトで調べてみると良いと思います。

運行本数が多い路線なら希望通りに座席を取ることも可能かもしれません。

しかしそうは言っても予約は必ず必要になってきますのでその点注意しておきましょう。